banner

最近の投稿

ベンチャーサポートを活用

会社設立に際してベンチャーサポートを活用する

最近ではこれまでの長引く経済不況から回復してきたことにより、会社を新たに立ち上げるいわゆるベンチャー企業の会社設立が盛んになりつつあると言われています。会社設立を新たに行う場合、経営者は多くの事項を検討し考えなければなりません。例えば、税金の納入や会社設立した後の従業員の応募やその従業員の給与や待遇、設立した会社の登記、設立した会社の顧客の探し方など、非常に多くの事項を検討していかなければなりません。

こうした事項はこれまでのビジネスマン人生の中で一度は経験しておかないとできない事項ばかりです。特に従業員の待遇については、労働基準法など労働法規に従ったものにしなければなりません。例えば1日の労働時間やそれを超えてしまった場合の時間外労働の割増賃金、休日出勤した場合の時間外労働の割増賃金など労働時間や賃金だけをとっても多くの検討事項があります。また、税金の納入についても設立する会社の業態や設立する場所によって納入する税金の種類が異なる場合があります。また、従業員の募集についてもこれまでのハローワークから募集をしてもらうだけではなく、インターネットなどを通じて従業員を募集する方法などがあります。こうしたことはいわゆる会社設立に際する内部事項のようなものです。経営者はこれに加え、会社設立後の外部事項も検討しなければなりません。つまり、顧客の募集や挨拶状の作成など、会社外部に関する処理をしなければならなくなることです。会社内部の事項は税金の納入や時間外手当の支払いなど法律に沿った事項が多いのですが、会社外部に関する事項はその会社の今後の売り上げや将来に関する事項です。そのため、こうした事項を間違えたり欠けたりすると、せっかく会社を設立してもその会社の運営がうまくいかなく可能性があります。こうした会社の内部的な事項や外部的な事項を経営者がすべて解決するのは技術的にも時間的にも困難と言えます。そうした場合に、ベンチャーサポートを活用します。ベンチャーサポートは、経営や人材、販路など会社に関係する幅広いことに対してアドバイスを行います。また、会社設立前にベンチャーサポートは相談に乗ってくれる場合が多いため、事前に準備をしておけば、会社設立後も安心して経営をすることができます。そのため、会社設立を考えている人はベンチャーサポートを活用をして、会社設立後の経営課題等を洗い出しておくことが重要といえます。

会社設立にローンを利用する

会社設立にローンを利用する

現在の社会において誰かの下で働くのではなく、自分の思い描く理想を実現するために会社設立を目指すという人はすくなくありません。
ですが会社設立が完了するまでに必要な書類や申告書などにはそれなりの知識が必要となります。
また一人で会社をやっていくという場合を除いては、協力してくれる人を見つける人脈が必要となるでしょう。
そうしたものは生まれついて持つ人が決まっているわけではありませんそうした。ものは須らく努力の結果、勝ち得るものなのです。

また会社設立を行い、会社運営をしていくに当たってはある程度以上の資金が必要となりますが、これに関しても多くの人が、会社に勤めることで得た貯金を充当しようと考えます。
ですが会社運営がその貯金のみで行えたというケースはほとんどなく、会社設立を行った人は何かしらの形で借金をしているケースが非常に多いというのが実情です。

地方自治体や国が定める助成金などで足りたという場合であれば問題がありませんが、それで足りなかったという場合には、ローンでお金を借りてくるという方法をとる必要が出てきます。
では会社設立を行った人がローンを利用するにあたって注意しなくてはならないポイントとは何でしょうか。

まず第一に注意するべきなのが「会社運営にあたって借り入れるお金は比較的多額のものとなる」ということです。
通常の生活で消費者金融などを使う場合には、短ければ一ヶ月で返済できるようなものもありますが、会社運営の資金として借り入れる場合には、数ヶ月、数年をかけて返済していく義務が生まれます。
そしてその間、ずっと会社が黒字を生み続けるとは限らないというのが現実です。
借り入れる段階で問題がないように見えても、借りる期間が長くなれば長くなるほど、不測の事態が発生するリスクは高くなります。
よって資金は安直に借り入れるのではなく、利用できる制度などはもう残されていないのかということを確認するべきといえます。

また同様に問題となるのが「連帯保証人」の問題です。
これは債務者に対しての信用が不足している場合などに、金融機関から求められるものですが、連帯保証人となってくれる人を探すのは容易ではありません。
加えて万一自身が返済できなくなってしまった場合は、借金をしていない連帯保証人の人生を壊してしまう恐れもあります。

そうしたリスクがあることをしっかりと考え、もし連帯保証人になることを断られても、相手に怒りを向けないように心がけなくてはなりません。
もしどうしても保証人が見つからない場合などは期間保障などを利用できる場合もありますので、検討するべきといえるでしょう。

新しい会社が借金をするということは容易ではありません。
会社設立にあたっては「当面の運転資金はどうやって調達するのか」ということを考えておかなくてはならないといえるでしょう。

スケジュールは1ヶ月半

会社設立のスケジュールは1ヶ月半

会社設立のスケジュールについてですが、手続きそのものはそれほど難しくはないのですが、順調にいっても登記申請をするまでには1ヶ月以上かかると考えておくのが無難です。登記申請を下としても、実際に完了するまでには2週間くらいかかりますから、普通に考えれば1ヶ月半くらいで実務にかかることができると考えておきましょう。

会社設立とは、定款の認証手続きを行い、そして登記申請を行うことで完了し、ここまでで1ヶ月くらいとみておくのが良いです。しかし、実際には登記申請をしてから登記簿謄本や印鑑証明をとる事ができないと、会社として実務を行うことはできません。登記簿謄本と印鑑証明がないと、例えば銀行口座を開設する事ができませんし、取引先と取引契約を交わすこともできません。

登記申請を行って、その後に完了して登記簿謄本と印鑑証明をとる事ができるようになるまでには、2週間くらいかかると考えておきましょう。ですから、だいたい1ヶ月半くらいかかると考えておくのが良いのです。

実際に会社設立の手続きに入る前に、どのような会社にするべきかをきちんと考えておかなければなりません。株式会社にするのか合同会社にするのかで大きく異なります。合資会社や合名会社という手段を執ることもできますが、これらを選択する人は少ないのが現状です。それでも設立するメリットはありますから、一応は検討してみるのも良いです。

次に同一商号のチェックをする事が必要です。発起人や取締役は、個人としての印鑑証明を取得する事が必要ですから、その前に印鑑登録をしておくことも必要となってきます。ここまでで約1週間です。

次は書類の作成と認証の手続きですが、定款の作成に少し時間がかかることもありますから、これに約1週間かかると考えておきましょう。発起人会を設立し、設立後取締役会を開設し、代表取締役への就任の承諾をする事が必要となりますが、ここまででさらに1週間かかります。そして資本金を払い込み、登記申請を行います。ここまでで約1ヶ月かかります。

法務局から指定された日になれば登記が完了しますが、登記が完了すれば登記簿謄本を取得する事ができますし、また印鑑カードと印鑑証明をとる事ができるようになります。これまででだいたい1ヶ月半くらいです。

会社設立のスケジュールを短くしようと思えばできないことはありません。発起人や取締役の数を減らすことができれば簡単です。一人だけにしておけば色々な手続きを省くことができますから、もっと短くすることができます。

Copyright(c)2014 ちょっと変わった設立方法All Rights Reserved.