banner

手続きは最短1日でできる

会社設立の手続きは最短1日でできる

会社設立をするためには様々な書類作成を行わなければなりませんし、手続きも必要となりますから、余裕を持って設立するのなら1ヶ月から2ヶ月くらいは必要だと考えておかなければなりません。では、最短ではどれくらいで完了するのでしょうか。最低限しなければならないことだけを考えれば、しようと思えば1日で行うこともできます。書類を作成して登記申請をすれば良いのですから、1日でこの手続きを終わらせることはできるのです。

ただし、1日で会社設立の手続きが完了したからと言って、すぐに経営を始める事ができるわけではありません。登記申請が完了したとしても、登記簿謄本や印鑑証明をとる事ができるようになるまでに2週間くらいかかることもあります。登記簿謄本と印鑑証明をとる事ができないと、色々な契約を結ぶことができません。金融機関に口座を開設する事もできないのですから、事実上は経営を始める事はできないと言えるでしょう。

1日で会社設立ができるとは言っても、1日でしなければならないという状況はきわめて希なケースだと言えるでしょう。いくら時間がないとは言っても、急ぎすぎると良いことはありませんから、じっくりと時間を費やすことも必要となってきます。とは言っても無駄な時間を過ごすべきではありませんから、どこに時間を費やして、どこの時間を省けば良いのかを把握しておくことは必要です。

会社設立と言っても、何か特別なものがあるのではなくて、これは経営戦略のごく一部に過ぎないものだと言うことは認識しておかなければなりません。会社党組織を持たなくても、個人事業主として収入を得ることはできるのですから、経営全体を考えた上で選択することが必要となります。ですから、まず会社設立をすることにメリットがあるのかどうかを判断する事は必要です。

会社設立をするメリットがあるかどうかを判断するための材料が社会的な信用力と税務です。個人よりも会社のほうが信用力は高いと言えるでしょう。ですから、会社設立をすることによって、今までは取引のできなかった会社と取引ができることもあります。また、税制面でも会社のほうが有利になる事も多いです。この二つを基本的な判断材料として用いるのが良いと考えられます。

これらのことをしっかりと考え、経営全体を見渡してみてスケジュールを考えれば、最短では1日で手続きを済ませることができます。手続きそのものよりも、構想を練ることや経営戦略を考えることなどに時間を割くべきだと考えられるのです。

Copyright(c)2014 ちょっと変わった設立方法All Rights Reserved.