banner

公告を官報以外で行う

会社設立の公告を官報以外で行う

会社設立をすれば公告を行わなければなりません。色々なシーンで公告が必要とされるのですが、その方法としては官報に掲載することを選ぶ人が過去には多かったようです。定款に特に定めがない場合には、この方法がとられることになっていますが、費用がかかるために他の方法について知っておくべきでしょう。

ただ、銀行やその持ち株会社、保険会社など、特定の会社については官報を利用する事ができませんから、他の方法を考えなければなりません。他の方法としては日刊新聞に掲載する方法があります。これについても費用がかかりますから、あまり利用されることはないようです。

最近になって会社設立をした会社の多くが電子公告を採用しているようです。電子公告とは、簡単に言えばウェブサイトを構築し、その一つのページの中で公告を行うことを指します。この方法を行うためには、定款で定めることが必要となってくるのです。具体的には「公告方法は電子公告とする」と書いておけば良いだけですから簡単なことなのですが、会社設立をする時点で忘れないようにしなければなりません。電子公告を行うためにはURLを決めなければなりません。このURLに関しては発起人が決める事になります。

ウェブサイトを作成するためには、レンタルサーバーの契約をしなければならなりませんから費用がかかるのですが、最近ではかなり安く借りることができます。数百円から数千円程度でできるわけですから、こちらを利用した方がコストとしては適していると言えるでしょう。今の時代に会社を持てば、ウェブサイトは必須なものだと考えられます。

注意しておかなければならないのは、公告のすべてを電子公告にするとコストがかかると言うことです。会社設立をしたときの公告については、漢方を利用するほうが良く、決算公告に関しては電子公告にした方が良いのです。法人設立後の電子国では、電子広告調査機関に調査をしてもらわなければなりません。そのためには費用がかかります。Webサイトが改ざんされるなどの恐れがあることを考慮して、調査を行うことが義務づけられています。

このように義務づけられているのですが、決算公告のみを電子公告にする場合には電子広告調査機関を利用する必要はありません。ですから、決算公告のみを電子公告にし、それ以外については官報に掲載するという方法をとるのが、コスト面で見た場合には最も優れた方法だと考えられます。

Copyright(c)2014 ちょっと変わった設立方法All Rights Reserved.