banner

ベンチャーサポートを活用

会社設立に際してベンチャーサポートを活用する

最近ではこれまでの長引く経済不況から回復してきたことにより、会社を新たに立ち上げるいわゆるベンチャー企業の会社設立が盛んになりつつあると言われています。会社設立を新たに行う場合、経営者は多くの事項を検討し考えなければなりません。例えば、税金の納入や会社設立した後の従業員の応募やその従業員の給与や待遇、設立した会社の登記、設立した会社の顧客の探し方など、非常に多くの事項を検討していかなければなりません。

こうした事項はこれまでのビジネスマン人生の中で一度は経験しておかないとできない事項ばかりです。特に従業員の待遇については、労働基準法など労働法規に従ったものにしなければなりません。例えば1日の労働時間やそれを超えてしまった場合の時間外労働の割増賃金、休日出勤した場合の時間外労働の割増賃金など労働時間や賃金だけをとっても多くの検討事項があります。また、税金の納入についても設立する会社の業態や設立する場所によって納入する税金の種類が異なる場合があります。また、従業員の募集についてもこれまでのハローワークから募集をしてもらうだけではなく、インターネットなどを通じて従業員を募集する方法などがあります。こうしたことはいわゆる会社設立に際する内部事項のようなものです。経営者はこれに加え、会社設立後の外部事項も検討しなければなりません。つまり、顧客の募集や挨拶状の作成など、会社外部に関する処理をしなければならなくなることです。会社内部の事項は税金の納入や時間外手当の支払いなど法律に沿った事項が多いのですが、会社外部に関する事項はその会社の今後の売り上げや将来に関する事項です。そのため、こうした事項を間違えたり欠けたりすると、せっかく会社を設立してもその会社の運営がうまくいかなく可能性があります。こうした会社の内部的な事項や外部的な事項を経営者がすべて解決するのは技術的にも時間的にも困難と言えます。そうした場合に、ベンチャーサポートを活用します。ベンチャーサポートは、経営や人材、販路など会社に関係する幅広いことに対してアドバイスを行います。また、会社設立前にベンチャーサポートは相談に乗ってくれる場合が多いため、事前に準備をしておけば、会社設立後も安心して経営をすることができます。そのため、会社設立を考えている人はベンチャーサポートを活用をして、会社設立後の経営課題等を洗い出しておくことが重要といえます。

Copyright(c)2014 ちょっと変わった設立方法All Rights Reserved.